So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

サッカー ジュニアで試合に出れないお子様へ [サッカー]

今息子はジュニアユース年代ですが、今になって思うことを書きたいと思います。
素人のオヤジの戯言です。

ジュニア時代に試合に出れなくても足元の技術を腐らず磨いていけば、
ジュニアユース又はユース年代で試合に出れる(チャンスがもらえる)ようになる。

息子は背も低くフィジカルがなかったので、ジュニア時代の低学年時は所属チームでレギュラーではなく試合に出れない日々が多くありました。
試合に出ないのになんで私はほかの子を含めて送迎しているの?なんて思ったことも正直ありました。
6年生の夏を過ぎてから足元の技術がついてきたこともあり、フィジカルは相変わらずですが、
試合に出れるようになりました。
そしてジュニアユースの今はレギュラーとしてやっています。
フィジカルは並というくらいです。

先日、ジュニア時代のレギュラー組みが多く所属するチームと試合があり、数年ぶりにプレイを見ました。
試合が終わって保護者の方々に挨拶した時に、息子さん上手くなりましたな〜と。
あんなに足元もスピードもありましたっけ?と声をかけていただきました。
親バカながらもジュニア時代との差はすごく感じましたし、
ジュニア時代にうまいなぁと思っていた子も普通な子に感じました。
ただし、ジュニア時代から足元があった子は相変わらずうまかったです。
息子も同じことを感じたそうです。

ジュニアユース年代でも中1くらいまではスピード、フィジカルの差が大きく厳しい面もありますが、
中2くらいからはみんなが成長期を迎えて大きくなるので、あまり差が無くなります(遅い子もいます)。
そこからは何で差がつくのか。重要なのが足元の技術です。
具体的には「自分の思う通りにボールを扱えること」です。
思い通りにトラップできる、蹴れる、ドリブルできる、顔を上げてボールを扱えるなど、
それを磨いていけば差がつきます。
もちろん走れるとかの最低限の条件は別として。
サッカーのブログでも書いていらっしゃる方がいますが、私も息子や周りを見てそう思います。
逆に控えに回る子は足元の技術がなく、足が速かった子、フィジカルが大きかった子などが多いなと感じます。

そうは言っても今が問題なんだっていう気持ちはわかります。
私がそうでした。ただ、今から思うとあの時はなんでそこまで思っていたのだろうと。
息子ともジュニア時代の話をしますが、ジュニア時代のサッカーはかわいかったよなって。
ジュニアユースはジュニア時代とガラッと変わるよなって。

以上、素人オヤジの戯言でした。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厄除けと初詣 [生活]

DSC_0069 (300x169).jpg

厄除けと初詣を鶴岡八幡宮へ行ってきました。
だんだんと無理のきかない年齢になってきているので、
気をつけたいと思います。

神社内の露天や小町通りのお店が夕方5時に閉まってしまう店が多いので
あまり見ることができませんでした。。。。
残念・・・。
来年はもっと早くいこ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。